椎間板ヘルニアはストレッチで再発を予防?

Dollarphotoclub_76229309

椎間板ヘルニアの治療法でも、椎間板ヘルニアの手術が必要となるのは、全体の5%程度だと言われます。その他のケースは、保存療法で次第に改善します。

椎間板ヘルニアも、ストレッチや生活習慣の見直しで、症状をやわらげ、再発を予防できます。お風呂上がりのストレッチなどを、毎日の習慣として取り入れるようにしましょう。ストレッチでの椎間板ヘルニア予防法は、病院のホームページや、関連サイトなどで、イラストや写真入りで詳しく記載されています。こうした物を参考に、行うと良いでしょう。

実際に効果が実感できた、という声があるのが、太ももの後ろ側の、ハムストリングという筋肉のストレッチです。お尻の下から、太ももの裏側、膝の裏側までをよく伸ばすようにして、筋肉が縮むのを予防します。

ここの筋肉が硬いと、腰痛にもなりやすいそうです。両手の指先で足のつまさきをつかんで、足首を手前に曲げるように引っ張ります。足の裏が良く伸びて、気持ちが良いですよ。

椎間板ヘルニアのストレッチを行う時の注意点は、決して無理をしないこと。無理に伸ばしたり、反動をつけたりしないように、ゆっくり、気持ちが良いと感じられる範囲で行うようにしましょう。もちろん、痛みが激しいときは行ってはいけません。治療中の場合は、担当の医師に相談し、ストレッチの方法を教えてもらうと良いですね。ルナメアAC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です