大人ニキビと思春期ニキビのちがい:大人ニキビの勘違い!ニキビケア用品は、刺激が強い成分入っていることが多い

AdobeStock_109128155

近年大人ニキビに悩まされる女性が急増しているようですが、思春期の脂っぽい肌にできるニキビとは原因が違うので、若い肌向けのニキビケア用品を使ってしまうと、良くなるどころかかえって悪化してしまうことにもつながりかねません。

ティーンエイジャー向けのニキビケア用品には、皮脂分泌を抑えるための刺激が強い成分が配合されていることも多く、乾燥に傾いた大人の肌は、どんどん潤いがなくなり、肌は何とか潤わせようと、余計に皮脂分泌を盛んにしてしまいます。

また大人ニキビができやすい口周りやフェイスラインは、毛穴も小さいので、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、すぐに詰まってしまいます。大人ニキビに必要なケアは、皮脂を取るのではなく、水分を与えることで、保湿ケアに力を入れることが大切です。

お肌にたっぷりと水分を与え、肌内部の細胞間にその潤いを閉じ込められるように働かせると、皮脂量が次第にコントロールされるようになります。肌には柔軟性が生まれ毛穴周辺も柔らかくなっていくので、毛穴詰まりを起こしにくい肌になっていきます。

大人の肌は、一見潤っているように見えても、肌内部は乾燥しているケースも多いので、バリア機能も低下したデリケートな状態です。このような肌には極力刺激を与えずに、保湿成分をしっかりと届けなければならないので、オールインワンゲルが最適です。オールインワンゲルには保湿成分もたっぷり入っていて、肌に触れる回数も減らせられるので、炎症した顎ニキビがあっても安心です。そのなかでもクレアルは人気も評判がいいのでおすすめです。今なら初回が無料なのでチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です