多汗症の手術の種類?

ビルに向かってガッツポーズをするビジネスマン

場所などによっても、効果がある手術は変わります。多汗症の手術といっても、様々な種類があるので適切なものを医師と相談して決めればいいです。

比較的手軽にできる手術としては、注射を利用したものがあります。メスを使わないので体への負担が少ないです。しかし、数カ月程度しか効果が持続しないケースが多いです。また、費用が病院によって違うことも多いので、適切な料金かどうか判断することも忘れてはいけません。

手のひらの多汗症ならば、神経を切るなどの手術が有効といわれています。もちろん、症状によっては他の手術がいい時もあるので、医師に相談してから決めても遅いことはないです。内視鏡を使う方法ですので、病院によっては日帰りで済ませることも可能です。傷跡が小さく目立たないのも特徴となっています。

足裏の多汗症の場合は、神経に命令をブロックする手術が有効です。ただし、他の箇所の汗の量が増えることもあるので副作用についても理解することを忘れてはいけません。
わきならば、汗腺そのものを切除する手術が受けるとよいです。高い効果がありますが、治療期間が長くなります。個人差がありますが、一週間程度かかる可能性が高いです。
種類は多いですが、多汗症の場所によって行うものは決まってきます。費用面も含めて、まずは相談してみることから始めれば問題ないです。

多汗症の悩みを解消するために役立つ方法ですが、副作用などもあるのでじっくりと検討してから判断しても遅いことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です