プリン体には要注意!怖い痛風の話?

adobestock_55759117

痛風は風が吹いても痛い、という意味からつけられた病名だと言います。実際足の関節が我慢できないほど痛くなるような症状が出ます。そんな痛風は血液中に尿酸が増えすぎて、結晶化することで起こる病気です。この原因となる尿酸を作る元になるのがプリン体です。

ビールでよくプリン体カット、と書かれた表示をよく見かけます。そこでプリン体はビールに含まれているもの、というイメージがあるかもしれません。しかし、実際は他の食べ物にも多く含まれているのです。プリン体は細胞の中の核酸の中に含まれているので肉や魚、野菜や海藻類にまで含まれています。プリン体を避けるのは不可能なのです。

あえてプリン体を避けるような食事をしようとすると偏った食生活になり不健康になってしまう可能性があるので、過剰摂取しないように心掛けながら、バランスのいい食事をすることが必要となってきます。

 

多くの食べ物に含まれているプリン体ですが、ビールに多く含まれているのは事実です。これは他の酒類と比べても多い数値になっています。他の食べ物に多く含まれているからと言って、ビールも大丈夫と二日酔いするほど多くとりすぎると、過剰摂取になってしまいます。飲酒はビールも含めてほどほどにした方がいいということです。

そして、痛風を予防するためには尿素を排出するために水分を多くとり、適度な運動をすることが必要となります。バランスの良い食事と適度な運動という健康に良い生活習慣が、痛風の初期症状を防ぐにもいいということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です